閉じる

TSUTAFUで選べる紙|越前和紙

越前和紙

SAMPLE BOOK収録番号 : 04

越前和紙

Echizen Washi

越前和紙は、楮・三椏・雁皮などが主な原料で、洋紙よりもかさが高く強度が強い紙です。さらに水に強く、リサイクルもでき、保存期間も長期にわたり可能です。豊かな感性を刺激する生成色の優雅な美しさと高い品質から、横山大観をはじめ、多くの芸術家などの強い支持を得て、全国に越前和紙の名は知られています。

紙の詳細情報

【質感・特徴】 手漉き和紙(耳付き)

【紙の厚さ】 - (手づくりのため厚さはばらつきがあります)

【エシカル対応紙】 伝統工芸の継承 / 地域経済の発展に貢献

越前和紙とさくらホワイトCoCの厚さ比較

越前和紙

(左)さくらホワイトCoC 0.23mm (右)越前和紙

1500年の長い歴史を築き上げてきた
高級手漉き和紙の産地。

越前和紙

今から1500年ほど前、継体天皇が越前におられ、男大迹(おおとの)皇子と呼ばれていた頃、この村里の岡太(おかもと)川の上流に美しい姫が現れて「この地は清らかな水に恵まれているから、紙漉きをして生計を立てよ」と、 紙漉きの技を里人に教えたといわれます。人々はこの姫を「川上御前」とあがめ奉り、岡太神社を建ててお祀りし、紙漉きの技を伝え今に至るといわれます。


室町時代から江戸時代にかけ、「越前奉書」や「越前鳥の子紙」は公家・武士階級の公用紙として重用され、全国に広まりました。


寛文5年(1665年)には越前奉書に「御上天下一」の印を使用することが許可され、越前和紙のブランドをゆるぎないものにしていきます。また越前和紙は偽札防止のための透かし技法(黒すかし)を開発したため、日本の紙幣製造技術は飛躍的に進化したといわれています。


※出典:全国手すき和紙連合会ホームページより抜粋

越前和紙
越前和紙
越前和紙
越前和紙

紙の特性上、印刷の「かすれ」や「にじみ」が生じる場合がありますので、予めご了承下さい。

越前和紙

越前和紙は、名刺一枚一枚の繊維の紋様や耳の形が異なっており、様々な表情を楽しめます。

この紙でつくれるサイズ

日本サイズ
日本サイズ

※越前和紙では、名刺サイズぴったりまでデザインを入れることはできません。

※黄色い線の内側が印刷可能範囲の目安となります。

※越前和紙で対応可能な印刷は、オフセット印刷でモノクロ(黒1色)のみです。

高級手漉き和紙一覧

手漉 一枚漉
手漉 一枚漉
布目 一枚漉
布目 一枚漉
黒谷和紙
黒谷和紙
越前和紙
越前和紙
石州和紙
石州和紙
土佐和紙
土佐和紙
伊予和紙
伊予和紙
美濃和紙
美濃和紙
小川和紙
小川和紙
出雲民芸紙
出雲民芸紙
軍道紙
軍道紙
オリジナル名刺作成 TSUTAFU> TSUTAFUで選べる紙 > 越前和紙