閉じる
それはまるで糸を紡ぐように TSUMUGU(つむぐ) 第3弾が登場!織物をイメージした、名刺デザイン
それはまるで糸を紡ぐように TSUMUGU(つむぐ) 第3弾が登場!織物をイメージした、名刺デザイン

それはまるで糸を紡ぐように TSUMUGU(つむぐ)
第3弾が登場!織物をイメージした、名刺デザイン

織物をイメージし、日本の伝統文様と日本の伝統色を掛け合わせた名刺デザイン「TSUMUGU(つむぐ)」の第3弾が第2弾に続き登場しました。
今回は、そんな和のテイストをつめ込んだ美しい名刺「TSUMUGU」の第3弾をご紹介します。

それはまるで糸を紡ぐように TSUMUGU(つむぐ)
01

紗綾×向日葵

TSUMUGU 紗綾×向日葵

日本の伝統色「向日葵色」をベースカラーに、
日本の伝統文様のひとつ「紗綾」文様をデザインした名刺。
紗綾は、浅葱色と苺色をアクセントカラーとして使用。
また、よく見ると「蜻蛉」文様が全面に描かれており、
アクセントカラーの効いたオシャレな名刺デザインです。

TSUMUGU 紗綾x向日葵 JP 両面

日本サイズ(JAPAN)

TSUMUGU 紗綾x向日葵 mini 両面

miniサイズ(MINI)

TSUMUGU 紗綾x向日葵 US 両面

欧米サイズ(US)

02

紗綾×若緑

TSUMUGU 紗綾×若緑

日本の伝統色「若緑色」をベースカラーに、
日本の伝統文様のひとつ「紗綾」文様をデザインした名刺。
紗綾は、孔雀緑色と木蘭色をアクセントカラーとして使用。
また、全面に「蜻蛉」文様が描かれており、
和のテイストが存分に楽しめる美しい名刺デザインです。

TSUMUGU 紗綾x若緑 JP 両面

日本サイズ(JAPAN)

TSUMUGU 紗綾x若緑 mini 両面

miniサイズ(MINI)

TSUMUGU 紗綾x若緑 US 両面

欧米サイズ(US)

03

紗綾×浅緋

TSUMUGU 紗綾×浅緋

日本の伝統色「浅緋色」をベースカラーに、
日本の伝統文様のひとつ「紗綾」文様をデザインした名刺。
紗綾は、茄子紺色と若苗色をアクセントカラーとして使用。
また、よく見ると「蜻蛉」文様が全面に描かれており、
可愛らしい色合いの名刺デザインです。

TSUMUGU 紗綾x浅緋 JP 両面

日本サイズ(JAPAN)

TSUMUGU 紗綾x浅緋 mini 両面

miniサイズ(MINI)

TSUMUGU 紗綾x浅緋 US 両面

欧米サイズ(US)

04

毘沙門亀甲×瑠璃色

TSUMUGU 毘沙門亀甲×瑠璃色

日本の伝統色「瑠璃色」をベースカラーに、
日本の伝統文様のひとつ「毘沙門亀甲」文様をデザインした名刺。
毘沙門亀甲は、桜桃色と白をアクセントカラーとして使用。
また、全面に「紗綾」文様が描かれており、
クールな色合いがオシャレな名刺デザインです。

TSUMUGU 毘沙門亀甲x瑠璃色 JP 両面

日本サイズ(JAPAN)

TSUMUGU 毘沙門亀甲x瑠璃色 mini 両面

miniサイズ(MINI)

TSUMUGU 毘沙門亀甲x瑠璃色 US 両面

欧米サイズ(US)

05

毘沙門亀甲×琥珀色

TSUMUGU 毘沙門亀甲×琥珀色

日本の伝統色「琥珀色」をベースカラーに、
日本の伝統文様のひとつ「毘沙門亀甲」文様をデザインした名刺。
毘沙門亀甲は、若苗色と瑠璃色をアクセントカラーとして使用。
また、よく見ると「紗綾」文様が全面に描かれており、
アクセントカラーの効いたオシャレな名刺デザインです。

TSUMUGU 毘沙門亀甲x琥珀色 JP 両面

日本サイズ(JAPAN)

TSUMUGU 毘沙門亀甲x琥珀色 mini 両面

miniサイズ(MINI)

TSUMUGU 毘沙門亀甲x琥珀色 US 両面

欧米サイズ(US)

06

毘沙門亀甲×桜桃色

TSUMUGU 毘沙門亀甲×桜桃色

日本の伝統色「桜桃色」をベースカラーに、
日本の伝統文様のひとつ「毘沙門亀甲」文様をデザインした名刺。
毘沙門亀甲は、茄子紺色と菜の花色をアクセントカラーとして使用。
また、全面に「紗綾」文様が描かれており、
アクセントカラーの効いたオシャレな名刺デザインです。

TSUMUGU 毘沙門亀甲x桜桃色 JP 両面

日本サイズ(JAPAN)

TSUMUGU 毘沙門亀甲x桜桃色 mini 両面

miniサイズ(MINI)

TSUMUGU 毘沙門亀甲x桜桃色 US 両面

欧米サイズ(US)

鹿の子
紗綾

卍(まんじ)をという漢字を斜めに崩して連続的に繋げた文様。連続文の万字繫ぎは「不断長久」を表すものとして、染物の地模様、建築の装飾などにも用いられる。

七宝
毘沙門亀甲

亀甲文の一種。毘沙門天が着用している鎧の柄から由来。毘沙門天は戦勝、必勝の神として知られている。

青海波
蜻蛉

トンボは、害虫を取り除く貴重な益虫として五穀豊穣の象徴。また、前にしか進めず退かないことから、武士から「勝虫」と呼ばれ、縁起の良い虫としてもてはやされた。