閉じる
それはまるで糸を紡ぐように TSUMUGU(つむぐ) 第2弾が登場!織物をイメージした、名刺デザイン
それはまるで糸を紡ぐように TSUMUGU(つむぐ) 第2弾が登場!織物をイメージした、名刺デザイン

それはまるで糸を紡ぐように TSUMUGU(つむぐ)
第2弾が登場!織物をイメージした、名刺デザイン

織物をイメージし、日本の伝統文様と日本の伝統色を掛け合わせた名刺デザイン「TSUMUGU(つむぐ)」に待望の第2弾が登場しました。
今回は、そんな和のテイストをつめ込んだ美しい名刺「TSUMUGU」の第2弾をご紹介します。

それはまるで糸を紡ぐように TSUMUGU(つむぐ)
01

鹿の子×柿色

TSUMUGU 鹿の子×柿色

日本の伝統色「柿色」をベースカラーに、
日本の伝統文様のひとつ「鹿の子」文様をデザインした名刺。
鹿の子は、孔雀緑と苺色をアクセントカラーとして使用。
また、よく見ると「青海波」文様が全面に描かれており、
アクセントカラーの効いたオシャレな名刺デザインです。

TSUMUGU 鹿の子x柿色 JP 両面

日本サイズ(JAPAN)

TSUMUGU 鹿の子x柿色 mini 両面

miniサイズ(MINI)

TSUMUGU 鹿の子x柿色 US 両面

欧米サイズ(US)

02

鹿の子×水色

TSUMUGU 鹿の子×水色

日本の伝統色「水色」をベースカラーに、
日本の伝統文様のひとつ「鹿の子」文様をデザインした名刺。
鹿の子は、茄子紺色と白をアクセントカラーとして使用。
また、全面に「青海波」文様が描かれており、
さわやかな色合いがオシャレな名刺デザインです。

TSUMUGU 鹿の子x水色 JP 両面

日本サイズ(JAPAN)

TSUMUGU 鹿の子x水色 mini 両面

miniサイズ(MINI)

TSUMUGU 鹿の子x水色 US 両面

欧米サイズ(US)

03

鹿の子×木蘭色

TSUMUGU 鹿の子×木蘭色

日本の伝統色「木蘭色」をベースカラーに、
日本の伝統文様のひとつ「鹿の子」文様をデザインした名刺。
鹿の子は、苺色と茄子紺色をアクセントカラーとして使用。
また、よく見ると「青海波」文様が全面に描かれており、
和のテイストが存分に楽しめる美しい名刺デザインです。

TSUMUGU 鹿の子x木蘭色 JP 両面

日本サイズ(JAPAN)

TSUMUGU 鹿の子x木蘭色 mini 両面

miniサイズ(MINI)

TSUMUGU 鹿の子x木蘭色 US 両面

欧米サイズ(US)

04

七宝×ベビーブルー

TSUMUGU 七宝×ベビーブルー

日本の伝統色「ベビーブルー」をベースカラーに、
日本の伝統文様のひとつ「七宝」文様をデザインした名刺。
七宝は、竜胆色と浅葱色をアクセントカラーとして使用。
また、全面に「籠目」文様が描かれており、
クールな色合いでさわやかな名刺デザインです。

TSUMUGU 七宝xベビーブルー JP 両面

日本サイズ(JAPAN)

TSUMUGU 七宝xベビーブルー mini 両面

miniサイズ(MINI)

TSUMUGU 七宝xベビーブルー US 両面

欧米サイズ(US)

05

七宝×菜の花

TSUMUGU 七宝×菜の花

日本の伝統色「菜の花」をベースカラーに、
日本の伝統文様のひとつ「七宝」文様をデザインした名刺。
七宝は、苺色と茄子紺色をアクセントカラーとして使用。
また、よく見ると「籠目」文様が全面に描かれており、
めりはりのある配色で明るい印象の名刺デザインです。

TSUMUGU 七宝x菜の花 JP 両面

日本サイズ(JAPAN)

TSUMUGU 七宝x菜の花 mini 両面

miniサイズ(MINI)

TSUMUGU 七宝x菜の花 US 両面

欧米サイズ(US)

06

七宝×浅葱

TSUMUGU 七宝×浅葱

日本の伝統色「浅葱」をベースカラーに、
日本の伝統文様のひとつ「七宝」文様をデザインした名刺。
七宝は、若苗色と白をアクセントカラーとして使用。
また、全面に「籠目」文様が描かれており、
アクセントカラーの効いたオシャレな名刺デザインです。

TSUMUGU 七宝x浅葱 JP 両面

日本サイズ(JAPAN)

TSUMUGU 七宝x浅葱 mini 両面

miniサイズ(MINI)

TSUMUGU 七宝x浅葱 US 両面

欧米サイズ(US)

鹿の子
鹿の子

鹿の背にある斑に似ている事が由来。菓子、料理、織物など幅広く「鹿の子」と名の付くものがある。織物では鹿の子文が凹凸になって現れている。

七宝
七宝

仏教の経典に書かれている七つの宝物で、金、銀、瑠璃、珊瑚、瑪瑙、玻璃、シャコガイに由来する。耐えることのない永遠の連鎖と拡大を意味し、円満、調和の吉祥文として親しまれている。

青海波
青海波

扇形を波に見立てて表した幾何学模様。大海原で無限に広がる穏やかな波模様に、「未来永劫の願い」と「人々の平安な暮らしがいつまでも続くように」という願いが込められている。

籠目
籠目

竹で籠を編んだ編目文様は、五芒星が連続しているようにも見える事から鬼が嫌う魔除けの文様とされる。水辺にあるものと共に配置され多くの文様に取り入れられた。